瞼の母 歌詞

歌:三門忠司

作詞:長谷川伸・坂口ふみ緒

作曲:沢しげと

軒下三寸 借りうけまして
申しあげます おっ母さん
たった一言 忠太郎と
呼んでくだせぇ 呼んでくだせぇ たのみやす

(台詞)
おかみさん、今何とか言いなすったね
親子の名のりが したかったら
堅気の姿で尋ねて来いと言いなすったが
笑わしちゃいけねえぜ 親にはぐれた子雀が
ぐれたを叱るは 無理な話しよ
愚痴じゃねぇ 未練じゃねぇ
おかみさん 俺の言うことを よく聞きなせぇ
尋ね 尋ねた母親に 倅と呼んでもらえぬような
こんな こんな やくざに 誰がしたんでぇ

世間の噂が 気になるならば
こんなやくざを なぜ生んだ
つれのうござんす おっ母さん
月も雲間で 月も雲間で もらい泣き

(台詞)
何を言ってやんでぇ 何が今更、忠太郎だ 何が倅でぇ
俺にゃおっ母は、いねぇんでぇ
おっ母さんは、俺の心の底に居るんだ
上と下との瞼を合わせりゃ 逢わねぇ昔の
やさしい おっ母さんの面影(すがた)が浮かんでくらぁ
逢いたくなったら
逢いたくなったら 俺ァ、俺ァ瞼を つむるんだ

逢わなきゃよかった 泣かずにすんだ
これが浮世と いうものか
水熊横丁は 遠灯り
縞の合羽に 縞の合羽に 雪が散る

(台詞)
おっ母さん……


三門忠司について

昭和55年、30歳を越えた脱サラ歌手 三門忠司としてデビュー。「片恋酒」が25万枚のヒットとなり、大阪に三門ありの存在感を示す。その後「雨の大阪」等のヒットを飛ばし、浪花の演歌師と呼ばれるようになる
三門忠司の人気歌詞
上州しぐれ

上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合 ...

雨の大阪

どうせ人生 お芝居よ あんたのことも ...

ひとり涙

生きてここまで これたのは 運がよかっ ...

大阪流転

風の寒さに 背中を丸め 歩く裏町 灯( ...

百年坂

早いものだよ 一緒になって ことし節目 ...

小判鮫の唄

かけた情が いつわりならば なんで濡れ ...

流れて大阪

おれの人生傷だらけ お前も不幸な女だが ...

浪花侠客伝~木津の勘助

晦日(みそか)に茶ガユの ひと掬い せ ...

俺の花

なんとかなるわと いつものお前 本当に ...

裏町川

冷たい世間に 転んで泣いて いのちを温 ...

雨降る波止場

倖せひとつ おまえにやれず うしろ姿を ...

吉良の仁吉

海道名物 数あれど 三河音頭に 打ち太 ...

男の居酒屋

酒は酔うため あるものさ 若いなりして ...

大阪夜曲

北の新地の 片恋い月は 雨を呼んでる ...

俺の出番が来たようだ

肩を寄せ合い 世間の隅で 涙こらえて ...

男の足跡

男は生涯 一つの道に 拘りつづけて 光 ...

夫婦みち

御前に惚れた そのひと言で あたしあん ...

人生一勝二敗

季節はずれの 篠つく雨に 耐えて咲いて ...

大利根無情

利根の利根の川風 よしきりの 声が冷た ...

浪花の夫婦

苦労承知で 一緒になった それが浪花の ...