new world サミット 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:BUMP OF CHICKEN

作曲:BUMP OF CHICKEN

とこなつの国に生まれていたら しあわせ
そこで生涯の伴侶と出会ったら よろこび
太陽と一緒に泳いだら ついてくる魚達
月の下語り合う友達 きっと出来る
きっと… きっと…

白夜の国に生まれていたら しあわせ
そこで運命の人と出会ったら よろこび
めいっぱい影鬼で遊んだら お腹が鳴ったりしてさ
食卓を囲む友達 きっとできる

きっとできるはずだよね

素敵(素敵) in the world
ワールド旅行 早く お金ためて
お金(ためて) in the sky ジャンボ
行くよ 行くよ 皆 待っていて

砂漠の国に生まれていたら しあわせ
そこでクレオパトラ達と出会ったら よろこび
ラクダ達を連れていせき探して 敵達から仲間達守って
貴重な水分け合う友達 きっとできる

雪の国に生まれていたら しあわせ
そこで絶世の美女と出会ったら よろこび
オーロラの下 走りまわる 無邪気な犬達
友達の作る おいしいボルシチ きっと食べる

ずっと食べるはずだよね

知的(魅力的) in the world
トランクひとつにつめた 夢をつめたカバン

汽車(シュッポッポ) on the rail, on the sea
一人やもめ仲間求め カモメに乗って

きっと HEY HEY HEY きっと HO HO HO だよね
そうだよね ラララララウォウウォウウォウ…
na. na. na. na. なんて素敵な気分
pon pon pon

僕の生まれた国に生まれて ふしあわせ?
ナンセンス un… わかってる そう
四角く区切られた空の下 邪魔なだれかどけて どけられて
あるいはいずれもしないままで ずっと生きる

どこであろうと生まれたらぜったい しあわせ
un… 恋人がいればぜったい よろこび
woo… そう今はいない
けど将来的に出来たならば
woo… woo…

素敵(刺激的) in the world in japan
四季折々の山々 それと動物達 かわいい
詩的(味覚的) 忍者world 伊賀 甲賀
おいで おいで 僕が待ってる

うれしい(overseas) All of the world
オールオブザワールド 世界の皆様
気持ち(乗せて) in the sky ジャンボ
今はひとりぼっちだけど カモメに乗って
行くよ それか イルカに乗って

pon pon pon ジャンボ
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
JUST GO

歌:iKON

I know 今も君はずっと 彼を見てい ...

歌:コブクロ

涙 こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ ...

Too Late True Love

歌:GARLIC BOYS

素敵な笑顔に 捧げたすべてを つけ狙い ...

第3ボタン

歌:SHISHAMO

君の匂いを知らないよ だから忘れること ...

勝ち戦

歌:東京事変

No one knows how I l ...

words

歌:阿部真央

「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう ...

光の射す方へ

歌:Mr.Children

Ah…蜘蛛の巣の様な高速の上 目的地へ ...

幸せ

歌:back number

本当はもう分かってたの あなたがどんな ...

JUMP

歌:忌野清志郎

夜から朝に変わる いつもの時間に 世界 ...

Goodbye, Darlin'

歌:DREAMS COME TRUE

さよならダーリン さよならダーリン G ...

望郷じょんから

歌:細川たかし

津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ みんなは達 ...

BUMP OF CHICKENの人気歌詞
天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

GO

歩くのが下手って気付いた ぶつかってばか ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

友達の唄

あなたが大きくなるまでに 雨の日なんて何 ...

ラフ・メイカー

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった ...

アルエ

白いブラウス似合う女の子 なぜいつも哀し ...

車輪の唄

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 僕等の体を ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

HAPPY

健康な体があればいい 大人になって願う事 ...

66号線

聞かなきゃいけない話が 全く頭に入らない ...

ハルジオン

虹を作ってた 手を伸ばしたら 消えてった ...

メーデー

君に嫌われた君の 沈黙が聴こえた 君の ...

sailing day

目を閉じたその中に 見えた 微かな眩しさ ...

宝石になった日

夕立が屋根を叩いた唄 窓の外で世界を洗っ ...

宇宙飛行士への手紙

踵が2つ 煉瓦の道 雨と晴れの隙間で歌っ ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...

supernova

熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体が ...

サザンクロス

その胸にしまった火に憧れた 飲み込まれて ...