旅の宿 歌詞

歌:都はるみ

作詞:岡本 おさみ

作曲:吉田 拓郎

浴衣のきみは尾花(すすき)の簪(かんざし)
熱燗徳利の首つまんで
もういっぱいいかがなんて
みょうに色っぽいね

ぼくはぼくであぐらをかいて
きみの頬と 耳はまっかっか
ああ 風流だなんて
ひとつ俳句でもひねって

部屋の灯をすっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったっけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり酔っちまって
きみの膝枕にうっとり
もう飲みすぎちまって
きみを抱く気にも なれないみたい


都はるみの人気歌詞
アンコ椿は恋の花

三日おくれの 便りをのせて 船が行く行 ...

夫婦坂

この坂を 越えたなら しあわせが 待っ ...

北の宿から

あなた変わりはないですか 日ごと寒さが ...

大阪しぐれ

ひとりで 生きてくなんて できないと ...

浮草ぐらし

明日のことさえ わかりはしない 他にい ...

雨やどり

傘は あなたが さしかけて 私がさせば ...

古都逍遥

春爛漫の 嵐山 落花の雪に 踏み迷う ...

小樽運河

精進おとしの 酒をのみ 別の生き方 あ ...

涙の連絡船

いつも群れ飛ぶ かもめさえ とうに忘れ ...

東京セレナーデ

夜霧が流れる 狸穴あたり 咲く夢 散る ...

桜時雨

負けないで 生きてゆこうねと おみくじ ...

アラ見てたのね

さあさ皆さま 恋した時は 身ぶりそぶり ...

夕陽坂

歩いて歩いて ここまで来たわ 「あなた ...