ON THE WINGS OF LOVE 歌詞

歌:白鳥英美子

作詞:Linda Hennrick

作曲:Masaji Watanabe

Why do sorrows and the cares
That start weigh me down
Suddenly grow light as a feather
When we're together
I am lifred in the air
Whenever you're around
Could it be my love for you
You know it's true

There's an endless horizon
Forever blue
We can race the wind
Enjoy the view

On the wings of love we fly
Like a pair of doves up in the sky
Feeling lighter, climbing higher
Oh the wings of love
Heaven isn't far away
Like a shooting star we're on our way
We can fly

If the evening brings the rain
We'll soar above the storm
Never mind a change in the weather
When we're together
Where the sunshine once again
Lights up the clouds of dawn
I just want to be with you
You know I do

Where our love has no boundaries
Forever free
I'll be free
You'll be loving me

On the wings of love we fly
Like a pair of doves up in the sky
Feeling lighter, climbing higher
Oh the wings of love
Heaven isn't far away
Like a shooting star we're on our way
We can fly

Oh the wings of love we fly
Like a pair of doves up in the sky
Feeling lighter, climbing higher
On the wings of love
Heaven isn't far away
Like a shooting star we're on our way
On the wings of love

Heaven isn't far away
Like a shooting star we're on our way
Oh the wings of love
We can fly



悲しみや不安で
心が押しつぶされそうだったのに
突然 体が軽くなって
ほとんど地に足がついてないの
あなたが目に入った瞬間に
これが愛おいうものなのね
あなたにはわかってたのね

ほら、限りなく続く水平線が見える
無限の青
雲のあいだを進むと
はるか下に大地が広がる

愛の翼に乗って
つがいの鳩のように飛ぶの
もっと軽く、もっと高く
愛の翼に乗れば
すぐそばに天国が見える
流星のようにまっすぐ
愛の翼に乗り
どこまでも飛んでゆける

夕立にふられても
雷雲を抜けて舞い上がるだけでいい
雨も風も関係ないの
ふたりがいる所は
いつも陽に恵まれ
光が夜明けの雲を染める
ただ一緒にいられればいいの
言葉にする必要はないわね

私たちの愛に限りなんてない
どこまでも自由に
愛し続ける
お互いからお互いを

愛の翼に乗って
つがいの鳩のように飛ぶの
もっと軽く、もっと高く
愛の翼に乗れば
すぐそばに天国が見える
流星のようにまっすぐ
愛の翼に乗り
どこまでも飛んでゆくる

白鳥英美子について

1969年“或る日突然”で[トワ・エ・モワ]としてデビュー 。(当時は"山室英美子") 空よ、虹と雪のバラード、誰もいない海など大ヒットする。1973年解散後はシンガー・ソングライターとして自立。ソロ・アーティストとしても確固たる地位を築き上げた。1999年より、トワ・エ・モワ結成30周年を記念して、"白鳥英美子withトワ・エ・モワ コンサートを再開。
白鳥英美子の人気歌詞
Melodies Of Life

宛てもなく彷徨っていた 手がかりもなく ...

夢の世界へ

いつも強がりばかり 言っている君でも ...

夢のゆくえ

あなた 魔法をかけたでしょう だから  ...

灯台守

こおれる月かげ 空にさえて 真冬の荒波 ...

冬の星座

木枯らしとだえて さゆる空より 地上 ...

およげ!たいやきくん

毎日毎日 僕らは鉄板の 上で焼かれて 嫌 ...

いつかすてきな旅

きまぐれな 旅に出よう 誰にもないしょ ...

LET THE RIVER RUN

流れる河のように 人はゆく 都会の海へ ...

遠いあこがれ

My Dream My Love あ ...

IF THE WORLD HAD A SONG

If the world had a s ...

もう一度

あふれだすこの涙は悲しみなのですか 傷 ...

夏の思い出

夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い ...

となりのトトロ

卜トロ トトロ トトロ トトロ だ ...

TRAVELING BOY

Wake up my love bene ...

恋はやさし野辺の花よ

恋はやさし野辺の花よ 夏の日のもとに ...

君はス・テ・キ

大人の古い おとぎばなしは 色あせたア ...

この宇宙へ、伝えたい

朝日は いま昇る 光 放ちながら あ ...

春よ、来い

淡き光立つ 俄雨 いとし面影の沈丁花 ...

手のひらを太陽に

ぼくらはみんな 生きている 生きている ...