紙の舟 歌詞

歌:藤あや子

作詞:里村龍一

作曲:叶弦大

ひと夜の恋に 身を焦がし
女は夢で 旅をする
お声だけでも ああ・・・・・・・・・
あなた聞かせてよ
幾つになっても 恋を織る
おんな哀しい 紙の舟

あなたの側で 淋しさを
温めていたい 雨の日は
酔って今夜は ああ・・・・・・・・・
あなた 甘えたい
明日が見えない 川だって
おんな一途な 紙の舟

しぐれる風の 寒さより
世間の噂に 泣かされる
連れて逃げてよ ああ・・・・・・・・・
あなた何処までも
流れて水面に 溶けようと
おんな夢漕ぐ 紙の舟
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...