哀冬海岸 歌詞

歌:藤あや子

作詞:石本 美由起

作曲:浜 圭介

さよならの後ろから 追いかけてくる
みれんはどこへ 捨てましょう
海猫の啼く声に あなたの影を
探せば雪の花が舞う
ローカル線を乗りついで
北国海岸 冬の旅
涙で胸も凍ります

いつまでも愛し合う 約束さえも
昨日の風と 消えたのね
幸せを置きざりに 季節は移り
私は寒い海を見る
面影だけを肌に抱く
さいはて海岸 冬の旅
東京も遠くなりました

温もりが欲しいから 独りの宿で
飲めない酒に くちづける
淋しさが忍び寄る 人恋しさに
あなたを夢で待つこころ
どれだけ泣けば春がくる
哀冬海岸 冬の旅
昔に帰る道はない
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...