さよなら岬 歌詞

歌:藤あや子

作詞:三浦 康照

作曲:山口 ひろし

涙も凍る さいはては
みぞれが頬を つめたく打つの
しばれる指を 吐く息で
そっと温め あの人に
逢いたい想いを 抱きしめる
無情の風よ さよなら岬

海峡わたる 船にのり
恋しさつれて ひとりで来たの
灯りが誘う 港うら
夢のかけらを 探します
愛したふたりの 北の町
ひと夜の情け さよなら岬

霧笛がひとつ 泣くように
私の胸に かなしくしみる
思い出で捨てる 流氷の
海にいつくる 春の風
逢いたいあなたは いまどこに
還らぬ夢よ さよなら岬
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...