永遠

歌:斉藤由貴

流れる川の彼方に
光の女神が立つ
怒れる時は鎮まり
水辺に闇がよせる

今日の糧を得て
ただ明日のみ思い

命は繰り返される
遥かな祈りの中で
斉藤由貴の人気歌詞
卒業

制服の胸のボタンを 下級生たちにねだられ ...

情熱

屋根に哀しみ乗せた列車の デッキに立っ ...

白い炎

迷子の恋を 抱きしめて さまよい歩く ...

夢の中へ

探しものは何ですか 見つけにくいもので ...

初戀

書きかけのあなたの似顔絵 似てなくて何 ...

AXIA~かなしいことり~

ごめんね 今までだまってて 本当は彼が ...

ストローハットの夏想い

想い出せるかな 去年のアルバム ふたり ...

Side Seat

カーブ切る肩にもたれ 拡がってく 港を ...

悲しみよこんにちは

手のひらのそよ風が 光の中き・ら・き・ ...

MAY

MAY そんなにふくれないでよ 笑った ...

砂の城

唇より睫毛のキスが 好きだったけど 後 ...

青空のかけら

青空のかけらグラスへと浮かべ ひと息に ...

3年目

きれいねと言った 春だねと言った 一面 ...

ひまわり

ひまわり 私を隠して あの人の視線から ...

予感

それは静かな 予感だったの 銀色電車 ...

雪灯りの町

オレンジのキャンドル 風にふるえて 指 ...

いちご水のグラス

一人で ピアノの前にすわり 弾くともな ...

ma maman(私のお母さん)

大好きよ ねえ お母さん 愛してる ね ...

意味

ふりあおぐ 青い青い空に 涙が たまら ...

体育館は踊る

朝露を踏んで 靴音ひびく 晴れた空 今 ...