神集い 歌詞

歌:香西かおり

作詞:市川森一

作曲:聖川湧

高天原の御霊よ 天の御柱回りましょ
イザナギノミコト イザナミノミコトよ
矛をまわし くるくる 島を造ろう くるくる
大八島 国造り 淡路島 伊予島 隠岐島 筑紫島に
壱岐に対馬に 佐渡島入れて 大倭豊秋津島
日の本大和の 国の始まり 夢の始まり

み神楽かぐら この世の闇を
歌い踊って 清めましょ
太陽が 昇らない 高光る 願いませ
天の岩屋戸 神集い 集えや集え 八百万
高笑い 跳んで アメノウズメよ踊れ
手拍子 足拍子 タヂカラヲ 力押し
あの方の 鶏よ 鳴けよ お出ましだ
アマテラスオホミカミ 光をそそぎ給え

スサノオノカミが行く
クシナダヒメを助けましょ
八岐大蛇は八つの頭ぞや

荒ぶる神は 何処 八雲立つ 彼方から
神招き 踊ろうよ 独り神 夫婦神
天つ神 国つ神 この国を 護り給え
神々が踊る まほろばの夢よ 倭しうるわし

香西かおりについて

昭和49年 11才の頃より民謡教室に通う。昭和50年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール入賞。昭和51年 サンケイ民謡大賞少年の部コンクール準優勝。 昭和56年 第四回NTV日本民謡大賞優秀賞受賞。 昭和56年12月~昭和59年12月CBSソニ-で専属歌手契約を結び民謡のシングルを3枚発売。昭和57年 高校卒業後、太陽神戸銀行入社。昭和61年 上京、作曲家 聖川 湧氏に師事、演歌の勉強に取り組みデビューに備える。 昭和63年 5月25日 『雨酒場』にてデビュー。 
神集い のCD・楽譜
女の帰郷
【収録曲】・女の帰郷神集い・女の帰郷 [オリジナル・カラオケ]・神集い [オリジナル・カラオケ]

香西かおりの人気歌詞
無言坂

あの窓も この窓も 灯がともり 暖かな ...

流恋草

流す涙は乾いても 淋しい心はかくせない ...

雨酒場

おちょこにお酒 つぐたびに 涙が落ちる ...

恋舟

いくら好きでも 運命の川に 想いを通わ ...

思案橋ブルース

哭いているような長崎の街 雨に打たれて ...

酒のやど

おんなは翳(かげ)ある 横顔みせて 西 ...

一夜宿

日本海から吹く風が 能登の湾にも 春運 ...

津軽あいや節

アイヤーナー アイヤ 唄が聞こえる 津 ...

潮岬情話

沖へゆくのは 佐吉の舟よ 今朝は別れて ...

小夜しぐれ

ぽつり灯った 路地あかり 傘を持つ手に ...

東京ブルース

泣いた女がバカなのか だました男が悪い ...

人生やじろべえ

雨が残した こぼれ灯は 恋の灯か 溜息 ...

酒暦

人の世に うまれて生きて いま幾つ 数 ...

すき

見慣れた街角にも 季節はめぐるのに 心 ...

恋草紙

帰そうか 帰すまい 今夜だけは 帰すま ...

新湊慕情

好きで添えない二人なら 何んで逢わせた ...

雨降橋

あなた遠くへ 行きそうで 急ぎ足して ...

わすれ花

ひとりになった 淋しさは たとえば冬の ...

秋恋歌

盆もそろそろ 十日を過ぎて 女ごころに ...

恋紅葉

つのる想いが今日も 日暮れて消えて ...