黒いベレー 歌詞

歌:淡谷のり子

作詞:佐伯孝夫

作曲:飯田信夫

雨がみじめに降っていた
壁にもたれて二人で
だまって見てた向こう河岸
赤い灯影がちらちらと
ああ 雨が降るふる 今日もまた
濡れてるだろうか 黒いベレー

残りタバコもしめってた
けむがまつ毛で泣いていた
どこかで鳴ったピストルが
犬がとおくで ほえていた

雨がみじめに降っていた
胸の底までふっていた
河の向こうじゃ えんのない
赤い灯影が笑ってた
ああ 雨が降るふる 今日もまた
濡れてるだろうか 黒いベレー


淡谷のり子について

1930年ポリドールからデビュー盤「久慈浜音頭」が発売。1931年コロムビアへ移籍。古賀メロディーの「私此頃憂鬱よ」がヒット。1935年の「ドンニャ・マリキータ」はシャンソンとしてヒットし、日本のシャンソン歌手の第1号となる。1937年に「別れのブルース」が大ヒット。「ブルースの女王」と呼ばれるようになる。1999年9月22日歌に捧げてきた生涯に幕を閉じる。
淡谷のり子の人気歌詞
別れのブルース

窓を開ければ 港が見える メリケン波止 ...

雨のブルース

雨よ降れ降れ 悩みをながすまで どうせ ...

ポエマ

ああ 遥かなる君よ 呼びてひとり偲ぶ ...

小雨降る径

静かな雨 並木の雨 あなたを待つ 胸に ...

ジェラシー

今ぞ ほのかに香る 夢の窓辺 風のささ ...

君忘れじのブルース

雨ふれば 雨に泣き 風ふけば 風に泣き ...

白樺の小径

白樺の この径は 想い出の さみし径 ...

夜が私の手をひいて あなたのもとへ連れ ...

私の心はフリージア

今 私の心は 淡く黄色のフリージア た ...

赤いマニキュア

マニキュアの匂いが 嫌(い)やだと言っ ...

MES TRISTES D AMOUR(私の悲しい恋)

忘れられない 二人の恋は 花咲く五月に ...

SINNO ME MORO(死ぬほど愛して)

「アモレ アモレ アモレ アモレミオ ...

アイ・ラヴ・パリ

アイ・ラヴ・パリ ウイ・ジュ・テイム ...

アディウ

出て行く船を送る私 悲しいつらい別れだ ...