光、再考 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

もし生まれ変わったらなんて言いたくない どうしようもない
僕の人生も長い付き合いの内 愛しくなってくるもんで
ぶつかって 転がって 汗握って 必死こいて
手にしたものは この愛着だけかもな まぁいいか
そんな光

時々虚しくなって全部消えてしまえばいいと思うんだ
神様なんてとうの昔に阿佐ヶ谷のボロアパートで首吊った
綺麗な星座の下で 彼女とキスをして
消えたのは 思い出と自殺願望
そんな光

朝が来るたび陰鬱とした気持ちでそれでも青い空が好きなんだ
公園ではしゃぐ子供達と新聞紙被って寝てる家の無い人
未来は明るいよ 明るいよ
くしゃみを一つしたら 大勢の鳩が 大空へ飛び立った

どこへ行けばいいんですか 行きたいとこへ勝手に行けよ
何をすればいいんですか 僕は誰に尋ねてるんだろう
何か始めようと震えてる ジャングルジムの影が長くなって
僕は今から出かけるよ ここじゃないどこか
そんな光

彼女が歓楽街でバイトをはじめて夜は一人になった
特に寂しくは無いけど急にテレビ番組が好きになった
朝彼女が戻って 僕が部屋を出て行く
無垢に笑う彼女が本当に綺麗だと思った
そんな光

子供の頃の影踏み遊びを思い出してる 追いかけても
決して掴めない物 まるで蜃気楼 だけど僕は気付いてる
本当は手にしたくなんか無いんだよ ずっと追いかけていたいんだよ
もっと胸を焦がしてよ 死ぬまで走り続けたいんだよ

流れ流れて明日は東へ 出会いと別れを繰り返して
光と陰を股にかけて 泣き笑いを行ったりきたり
そうだよ 大丈夫 大丈夫 皆同じだよ
上手くいかない時は誰にでもあるよ
そんな光

日が沈みまた昇るように 花が散りまた咲くみたいに
全てはめぐりめぐって 全てがほら元通り
もし生まれ変わったらなんて 二度と言わないで
今君は日陰の中にいるだけ ただそれだけ


この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

夏を待っていました

歌:amazarashi

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

スターライト

歌:amazarashi

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

奇跡

歌:amazarashi

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

終わりで始まり

歌:amazarashi

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

さくら

歌:amazarashi

その時の僕らはといえば ビルの屋上で空を ...

美しき思い出

歌:amazarashi

この世界に 嘘しかないなら こんなに楽な ...

無題

歌:amazarashi

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

タクシードライバー

歌:amazarashi

ショッピングモール、アウトレット、郊外の ...

ライフイズビューティフル

歌:amazarashi

何がどうなって ここに立ってるんだ 時々 ...

ママへ

歌:AI

何を言っても 言い足りない ありがとう ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...