ムカデ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象徴としての
彼女の笑顔 汗ばんだ静動脈に巣食う褐色の火薬じみた病理
僕が僕ではない感覚 もしくは錯覚 六十億の溜息に巻き起こる黄砂
逃げ場なく息も絶え絶えな ムカデ
涙 の濁流を這って 何処へ 行こう 何処も 駄目だ
居場所 が無い 神様僕は分かってしまった
空っぽの夜空が綺麗 あの黒い空白に埋もれてしまえたらって
願う そうか もしかしたら 僕は 死にたいのかな

愛は愛の振りして 全部飲み下せと刃物覗かせる
今日は今日の振りして 全部やり直しだと僕を脅かす
こっから踏み出すなよ 絶対だぞ 誰だ後ろから押す奴は ほら後一歩だ
そうだ 夢がぶら下がる最果ての絞首台

西日に染まる郊外の公団住宅 心臓を針でつつかれる様な感傷
及び 生きてる事に対しての罪悪感
付きまとう闇 立ちはだかる闇 赤面症の季節における リビドーの肥大
故の 現実からの逃避 妄想 妄想 妄想
遮断機に置き去りの自意識 真っ二つに割れる数秒前
赤が光る 消える 光る 消える 光る 消える 消えろ
チャイナドレスの女 田園都市線 劣等 劣等 過去 過去
全部消えろ 神様 殺してやる

過去は過去の振りして 全部受け入れろと喉に絞めかかる
夜は夜の振りして 全部おまえのせいだとがなりたてる
こっから逃げ出すなよ 絶対だぞ 誰だ後ろから押す奴は ほら後一歩だ
そうだ 夢がぶら下がる最果ての絞首台

僕は触れていたかった まだ繋がっていたいよ
ビルの屋上に立った 今更思い出すんだ
春の木漏れ日に泣いた 母の声が聞こえんだ
此処にいてもいいですか 此処にいてもいいですか

空は空の振りして 全部知ってるぞって僕を見下す
人は人の振りして 全部吐き出せと僕を睨み付ける
こっから踏み出すなよ 絶対だぞ 誰だ後ろから押す奴は ほら後一歩だ
そうだ 夢がぶら下がる最果ての絞首台

僕は触れていたかった まだ繋がっていたいよ
ビルの屋上に立った 今更思い出すんだ
春の木漏れ日に泣いた 母の声が聞こえんだ
此処にいてもいいですか 生きていてもいいですか


amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

キミがいれば

歌:伊織

うつむく その背中に 痛い雨が つき刺 ...

初雪

歌:amazarashi

青森駅前に雪が降る 果たせなかったいつか ...

爪爪爪

歌:マキシマムザホルモン

防腐レス 恥部の古傷 えぐるセレブ 騎 ...

ワイフ

歌:the GazettE

僕は自己中ワイセツViolencer ...

冷凍睡眠

歌:amazarashi

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

STAY

歌:SMAP

この先どうしようもなくすれ違ったり 言 ...

ライフイズビューティフル

歌:amazarashi

何がどうなって ここに立ってるんだ 時々 ...

僕はペガサス 君はポラリス

歌:MISIA

君を見つめてると なぜか 優しい気持ちに ...

SCANDAL IN THE HOUSE

歌:SCANDAL

先陣切って登場 フワフワしてちゃっかり器 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...