初雪 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

青森駅前に雪が降る 果たせなかったいつかの約束が
バス停に留まる少女が吐いた 白い息と一緒に夜空に消えた
積もりだしたのは彼女の記憶と 感傷とわずかな後悔
長く伸びる僕の足跡も やがてそれに消されるだろう

思えば遠くへ来たもんだ いや と言うより振り出しに戻ったのか
自嘲気味に踏み出すその一歩は 今日も変わらず迷ってばかり
それでもここに留まるよりは いくらかましだと信じてる
肩に積もった雪をみて思う 少し休みすぎたみたいだな

いかないでくれと 呼び止める 思い出を
振りほどいて僕は どこまでいけるのだろ

初雪が 風に吹かれて 僕らの街 通り過ぎただけ
君の優しさ 風に吹かれて 僕の胸 通り過ぎただけ

雪は昨日から止むことを知らず 出かけようとドアを開けた手を止める
綺麗だなと思うより早く 面倒くさいななんて一人ごちる
傘はないし 時間も無い ましてや期待なんてあるはずも無く
ただ向かうべき目的地と 焦燥だけは捨てるほどある

そんな毎日を生きてます 僕はなんとかやってます
これを幸福とは思いませんが かといって不幸とも思いません
ただ 君がいなくなったことで 出来た空白を埋められずに
白黒に見えるの街の景色 決して雪のせいではないのでしょう

悲しいことなんて あるものか あるものか
振りほどいて僕は 急いで出かけなくちゃ

初雪が 風に吹かれて 僕らの街 通り過ぎただけ
君の優しさ 風に吹かれて 僕の胸 通り過ぎただけ

雪は今日も止むことを知らず 急ぐ僕の足はもつれる
笑い合った長い月日も 確かに分かり合えた何かも
全部嘘だと言い切れたら 僕は簡単に歩けるのに
でも大丈夫 ちゃんと 前に進めているよ

初雪が 風に吹かれて 僕らの街 通り過ぎただけ
僕はそれに 少し泣いただけ 冬の風に 心揺れただけ


この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

ムカデ

歌:amazarashi

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...

爪爪爪

歌:マキシマムザホルモン

防腐レス 恥部の古傷 えぐるセレブ 騎 ...

ワイフ

歌:the GazettE

僕は自己中ワイセツViolencer ...

キミがいれば

歌:伊織

うつむく その背中に 痛い雨が つき刺 ...

TOKYO

歌:YUI

住みなれた この部屋を 出てゆく日が来た ...

SPiCE

歌:LISA

台無し 鏡のベビーフェイス 痛む ダメ ...

わたしの、しらない、わたし。

歌:倉木麻衣

あぁ言えばこう言う口塞いで 今すぐ私を ...

Right Now

歌:三浦大知

見知らぬ顔よく知る顔 なぜここにいて ...

SHAKE

歌:SMAP

きょう会わない?ってキミの電話 ボクも ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...