海 歌詞

歌:遊佐未森

渚は珊瑚の砂浜
寄せて返す 遥かな調べ
誰もいない朝の海
潮の香り 風に吹かれて

いつでも ここにおいで
私の腕の中へ

海から届いた言葉は
胸に沁みて 涙がひとつ

いつでも ここにおいで
私の腕の中へ

過ぎゆく夏の日のメロディ
忘れぬように 目を閉じていた
遊佐未森の人気歌詞
暮れてゆく空は

石を投げたくなって川原に下りたら 君が ...

野の花

風吹けば君を想うよ いつでも 早過ぎる ...

山行きバス(道草ノススメ)

晴れた空の下を バスは山へと向かって走 ...

クロ

大きな木の下で はじめてクロに会った ...

ONE (remix)

夜明けのバスの窓辺 もたれて瞼閉じてる ...

川は流れてゆく 時の彼方 清らに ゆ ...

夢をみた

泳いでゆく 記憶を紡いで はるか未来の ...

水夢

水に踊るサカナ 陽差しを浴びながら ...

天使のオルゴオル

南風が窓においた すみれ色の小さな箱 ...

カリヨン・ダンス

時計の針が 空をさしたら 広場にひびく ...

Diary

明日のシャツに迷ってるだけで もう 夜 ...

風の吹く丘

君は空に憧れて 飛び交う鳥の行方見つめ ...

午前10時午後3時

急ぐ人波が過ぎて 街も一息つくから ...

夏草の線路

夏草に埋もれた線路は錆びた陽射しを集めて ...

M氏の幸福

樹々に隠れた大きな家に 一人で彼は住ん ...

ココア

北風の海は 人影もなくて マフラーを結 ...

ブルッキーのひつじ

ブルッキーのひつじのこと 紹介します ...

モン・パリ

ひととせあまりの 永き旅路にも つつが ...

咲くといいな

君の歌う声が 今も胸に響いてる 遠くな ...

カラフル!

オレンジ 太陽 青いつばさ 校舎の窓か ...