雪の華 歌詞

歌:森進一

作詞:Satomi

作曲:松本良喜

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ
夕闇のなかを君と歩いてる
手をつないでいつまでもずっと
そばにいれたなら
泣けちゃうくらい

風が冷たくなって
冬の匂いがした
そろそろこの街に
君と近付ける季節がくる

※今年、最初の雪の華を
ふたり寄り添って
眺めているこの瞬間(とき)に
幸せがあふれだす※

甘えとか弱さじゃない
ただ、君を愛してる
心からそう思った

君がいるとどんなことでも
乗りきれるような気持ちになってる
こんな日々がいつまでもきっと
続いてくことを祈っているよ

風が窓を揺らした
夜は揺り起こして
どんな悲しいことも
僕が笑顔へと変えてあげる

舞い落ちてきた雪の華が
窓の外ずっと
降りやむことを知らずに
僕らの街を染める
誰かのために何かを
したいと思えるのが
愛ということを知った

もし、君を失ったとしたなら
星になって君を照らすだろう
笑顔も涙に濡れてる夜も
いつもいつでもそばにいるよ

(※くり返し)

甘えとか弱さじゃない
ただ、君とずっと
このまま一緒にいたい
素直にそう思える

この街に降り積もってく
真っ白な雪の華
ふたりの胸にそっと想い出を描くよ
これからも君とずっと…


森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんに ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

それは恋

朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ ...

狼たちの遠吠え

ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわ ...

北の螢

山が泣く風が泣く 少し遅れて雪が泣く ...

さらば友よ

このつぎの汽車に乗り 遠くへ行くと あ ...

モロッコ

スコッチをダブルで 氷浮かべてくれ こ ...

女の愛

男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上 ...

夜行列車

ほんとにひと駅だけだぜ 夜行列車に君を ...

旅路の果てに

人の妻だと 噂にきいて 風の行方を た ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる ...

私の恋

初めて抱かれた あの日から 幸せ約束  ...

恋ひとすじ

一度こうだと 決めたなら 決めたとうり ...