蕾 歌詞

歌:森進一

涙 こぼしても 汗にまみれた笑顔の中じゃ
誰も気付いてはくれない
だから あなたの涙を僕は知らない

絶やす事無く 僕の心に 灯されていた
優しい明かりは あなたがくれた 理由なき愛のあかし

柔らかな日だまりが包む 背中に ポツリ 話しかけながら
いつかこんな日が来る事も
きっと きっと きっと わかってたはずなのに

消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年も僕を待ってる
掌じゃ 掴めない 風に踊る花びら
立ち止まる肩にヒラリ
上手に乗せて 笑って見せた あなたを思い出す 一人

ビルの谷間に 埋もれた夢も いつか芽吹いて
花を咲かすだろう 信じた夢は 咲く場所を選ばない

僕等この街に落とされた影法師 みんな 光を探して
重なり合う時の流れも
きっと きっと きっと 追い越せる日が来るさ

風のない 線路道 五月の美空は 青く寂しく
動かない ちぎれ雲 いつまでも浮かべてた
どこにも もう戻れない
僕のようだと ささやく風に キラリ舞い落ちてく 涙

散り際に もう一度 開く花びらは あなたのように
聴こえない 頑張れを 握った両手に 何度もくれた

消えそうに 咲きそうな 蕾が 今年も僕を待ってる
今もまだ 掴めない あなたと描いた夢
立ち止まる 僕のそばで
優しく開く 笑顔のような 蕾を探してる 空に


森進一の人気歌詞
襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

港町ブルース

背のびして見る海峡を 今日も汽笛が遠ざ ...

冬のリヴィエラ

彼女によろしく伝えてくれよ 今ならホテ ...

盛り場ブルース

咲いて流れて 散って行く 今じゃ私も ...

恋月夜

あんたの匂いが 恋しいよ 飾りもなんに ...

年上の女

だから分って ほしいのと そっとからん ...

それは恋

朝露の 深い道から 訪れて 私をとらえ ...

狼たちの遠吠え

ささやかな うぬぼれに酔いしれ しあわ ...

北の螢

山が泣く風が泣く 少し遅れて雪が泣く ...

さらば友よ

このつぎの汽車に乗り 遠くへ行くと あ ...

モロッコ

スコッチをダブルで 氷浮かべてくれ こ ...

女の愛

男は夢を追う 女はあなたが 夢なのよ ...

命かれても

惚れて振られた 女の心 あんたなんかに ...

おふくろさん

おふくろさんよ おふくろさん 空を見上 ...

夜行列車

ほんとにひと駅だけだぜ 夜行列車に君を ...

旅路の果てに

人の妻だと 噂にきいて 風の行方を た ...

東京物語

今日からは赤い爪 あなたに見せない す ...

新宿・みなと町

新宿はみなと町 はぐれ者たちが 生きる ...

私の恋

初めて抱かれた あの日から 幸せ約束  ...

恋ひとすじ

一度こうだと 決めたなら 決めたとうり ...