サボテンの花 歌詞

歌:中西保志

作詞:財津 和夫

作曲:財津 和夫

ほんの小さな出来事に 愛は傷ついて
君は部屋をとびだした 真冬の空の下に

編みかけていた手袋と 洗いかけの洗濯物
シャボンの泡がゆれていた 君の香りがゆれてた

たえまなくふりそそぐ この雪のように
君を愛せばよかった
窓に降りそそぐ この雪のように
二人の愛は流れた

思い出つまったこの部屋を 僕もでてゆこう
ドアにかぎをおろした時 なぜか涙がこぼれた

君が育てたサボテンは 小さな花をつくった
春はもうすぐそこまで 恋は今終った

この長い冬が 終るまでに
何かを見つけて生きよう
何かを信じて 生きて行こう
この冬が終るまで

この長い冬が 終るまでに
何かを見つけて生きよう
何かを信じて 生きて行こう
この冬が終るまで


中西保志の人気歌詞
最後の雨

さよなら呟く君が 僕の傘 残して 駆け ...

Another Rain

「ごめんね」それだけしか 言えずに雨を ...

LAST CALL

「淋しくてもう 耐えられないの」 受話 ...

愛しかないよ

何もない男だけれど 愛していいかい 臆 ...

涙のキッス

今すぐ逢って見つめる素振りをしてみても ...