いのちの灯り 歌詞

歌:清水博正

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

人の心の きれいな花を
いつも信じて いるおまえ
しみる、しみるよ 笑顔がしみる
そばを離れず いてくれる
おまえは俺の いのちの灯り

湯気のむこうに おまえの声が
胸にやさしい 裏通り
しみる、しみるよ 今夜はやけに
道はどんなに 暗くても
おまえは俺の いのちの灯り

こぼれ落葉か おまえと俺は
風に散っても ふたりづれ
しみる、しみるよ 涙がしみる
夢を捨てずに くらそうよ
おまえは俺の いのちの灯り


清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...