夕陽の空へ 歌詞

歌:清水博正

作詞:たかたかし

作曲:弦哲也

夕焼け雲の 空遠く
ふるさと想い 涙ぐむ
出発(たびだ)つ朝の 汽車の窓から
さよならと言ったら さよならと
谺(こだま)がやさしく かえってきたよ

月日は流れ 夢はるか
あの山川も 遠くなる
別れた友よ みんな元気か
帰りたい今すぐ 帰りたい
あのひと住む町 夜汽車に乗って

音便(たより)の文字も なつかしく
たどれば涙 とめどなく
父母老いて 風のふるさと
流れ雲いずこへ いずこへと
流れて行くのか 夕陽の空へ


清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...