No More 歌詞

歌:JASMINE

作詞:Jasmine

作曲:Jasmine・Jeff Miyahara・daido・Pochi

※「いつもフザけてて」 「何も見てなくて」
「何かされたって 何も感じなくて」
「自分勝手で」 「自分がなくて」
そんな風に言われて生きてきた昨日まで...※

NO MORE CRY!つぐなってるんじゃない
NO MORE CRY!可哀想なんて思わない
その気になれるなら どんな涙も笑顔に変えていける

別に誰だって テキトーに選んで
間違い犯して 痛んで 迷って
別にあなただって 最初からそーやって
強く生まれてきた訳じゃないよね
あたしが温めたもの あなたは傷つけたけど
それでも向き合う心 笑われても
そんなヤツになにも 見せる事ない その意味を
いつかつかみ なげつけてやればいい

NO MORE CRY!つぐなってるんじゃない
NO MORE CRY!可哀想なんて思わない
その気になれるなら どんな涙も笑顔に変えていける

そこにあなたがいて 過去に縛りつけて
憎み続けても 辛いだけ みにくいだけ
たとえ震え立って こぶし握ったって
普通に笑っていたいだけ 今だけ
あたしには大事な人 何度も振り返るけど
だからこそ深い傷を 負ったまま今日も
謝られたい訳じゃない 何が欲しい訳でもない
あたし自身に恥じないように

NO MORE CRY!つぐなってるんじゃない
NO MORE CRY!可哀想なんて思わない
その気になれるなら どんな涙も笑顔に変えていける

(※くり返し)

NO MORE CRY!つぐなってるんじゃない
NO MORE CRY!可哀想なんて思わない
涙のあとにしか 味わえない笑顔が必ずある


No Moreについて

「No More」は、JASMINEの2枚目のシングルとして2009年10月28日にリリースされます。

JASMINEについて

13歳で米軍横田基地のゴスペルクワイアの魅力に獲り付かれたジャスミンは、すぐさまゴスペルクアイアに入門。その非凡なヴォーカルは当然のごとくクワイア内でも大評判になり15歳の時、所属クワイアのアメリカ遠征に参加。現地の教会でその声を響かせた。17歳になった頃から本格的にシンガー活動をスタートさせた彼女は、驚異的なヴォーカルと、10代の気持ち・感情を見事に表現した歌詞ですぐにその名がウワサになり、歌いだしてわずか1年あまりでメジャー契約を結ぶ事に。 2009年  6月24日、「sad to say」でデビュー。
No More のCD・楽譜
JASMINEの人気歌詞
sad to say

Cry Cry届けない想い抱いて泣いて泣 ...

Last Word

何度も何度も 名前呼びあって 心もからだ ...

Dreamin'

どうしたの? らしくない笑顔つくって ...

Best Partner

your smile うつくしい yo ...

ONLY YOU

ずっとずっと baby… ずっとずっと ...

dear my friend

I Remember The Beaut ...

MY LIFE, MY LOVE, MY ALL

My hands were made ...

どっちかと言えば、わりと不器用な方で ...

Jealous

Oh No.. 誰にだって やさしい男だ ...

CLUBBIN”

ほら、アラーム鳴ったラララ。まだ寝たいま ...

I'll be there

I'll be there きづい ...

HERO

負けないで 傷ついて 涙こらえても ...

#AGARU

これですよ「え?どれ?」これですよ 興 ...

Missing

言葉にできるなら 少しはましさ 互いの ...

This Is Not A Game

This is my stage… ...

CLUBBIN''

ほら、アラーム鳴ったラララ。 まだ寝たい ...

Hallelujah

泣くもんかって 言っては 君の腕で泣い ...

Realize

この道は ずっと繋がってる 君とあたし ...

High Flying

まばたきするたびチカチカ 振り向くたび ...