風の盆流し唄 歌詞

歌:成世昌平

作詞:佐藤 清

作曲:安藤 実親

紅蓮炎に 落ちてもいいと
泣いてすがった 坂の町 坂の町
―恋の八尾は―
運命はかない 別れの路地を
おわら流しが よぎって悲し

八尾坂道 涙でのぼりゃ
富士あたりの 灯火がゆらぐ 灯火がゆらぐ
―飛んでゆきたや―
慕る想いを 夜風にのせて
おわら流しの 胡弓がむせぶ

忘れたはずの あなたの顔が
鎧格子に また浮かぶ また浮かぶ
―露か時雨か―
唄の節さえ 心を濡らし
おわら流しが 遠くに消える
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...