しのび唄 歌詞

歌:成世昌平

作詞:原 文彦

作曲:福田 正

女と夢と あなたの未来
秤にかけて 泣いてます
身を引くことは 倖せでしょうか
三味の乱れを 十六夜の
月に聴かせる しのび唄

あなたにいつか 解かれた帯が
泣いて身をやく 薄化粧
強がる術も 知らない女
雪見障子を そっと引きゃ
縁に舞い散る 恋落葉

姉さん女房の 柄ではないと
指輪を包む 紅袱紗
包みきれない 未練は燃える
つのる思いが 手鏡に
影を浮かべる しのび唄
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...