淡海節・箱枕 歌詞

歌:成世昌平

作詞:もず昌平

作曲:滋賀県民謡

歳十九で源氏名おこう
明けて二年の茶屋暮らし
故郷が恋しゅて ヨイショコショ
歌う追分

後生大事の女の夢を
たった一分じゃ買えもせず
背中震わせ ヨイショコショ
泣いた若い衆

島田乗せたら こぼれる涙
主に帰られ 箱枕
中でチリリン ヨイショコショ
鈴が鳴る鳴る

惚れたあのひと北前船で ヤンサノエ
波涛千里の海を行く
今日はどこやら ヨイショコショ
佐渡か酒田か えぞの地か
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...