越中おわら節 歌詞

歌:成世昌平

作詞:富山県民謡

作曲:富山県民謡

(二百十日に夜風邪を引いたやら 毎晩おわらの夢見てならない)

(唄われよわしゃ囃す)
あいや可愛やいつ来てみても
(キタサノサードッコイサノサー)
たすき投げやるオワラ暇が無い

(唄われよわしゃ囃す)
たすき投げやる暇あるけれど
(キタサノサードッコイサノサー)
あなた忘れるオワラ暇が無い

(唄われよわしゃ囃す)
竹になりたや 茶の湯座敷の柄杓の柄の竹に
(キタサノサードッコイサノサー)
いとし殿御に持たれて汲まれて
一口オワラのまれたや

(茶釜と茶袋は良い仲なれど 中に立つひしゃくが水さいてならない)
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...