こきりこ唄 歌詞

歌:成世昌平

作詞:富山県民謡

作曲:富山県民謡

(はれのサンサもデデレコデン)

筑子の竹は七寸五分じゃ 長いは袖のカナカイじゃ

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

踊りたか踊れ泣く子をいくせ ササラは窓の許にある

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

向の山を担ことすれば 荷縄が切れてかづかれん

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

向の山に啼く鵯は 啼いては下がり啼いては上がり
朝草刈りの目をばさます 朝草刈りの目をさます

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

月見て歌ふ放下のコキリコ 竹の夜声の澄みわたる

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

万のササイ放下すれば月は照るなり霊祭

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)

向の山に光るもんにゃ何んぢゃ 星か蛍か黄金の虫か
今来る嫁の松明ならば さしあげてもやしゃれやさ男

(窓のサンサもデデレコデン はれのサンサもデデレコデン)
成世昌平の人気歌詞
虎落の里

泣け泣けと 雪が呼ぶ 伊吹のこの里に ...

雪の宿

雪が舞う はらはら脅(おび)え あなた ...

鶴の舞橋

お岩木山に 残る雪 ここで暮せたら い ...