函館山 歌詞

歌:水森かおり

作詞:麻こよみ

作曲:弦哲也

どんなにこの手を 伸ばしても
届かぬ星か 女の夢は
あなたの噂が 聞こえぬように
海峡ひとり 越えてきた
函館山から 見渡せば
涙でにじむ 北の街

あなたに甘えて 暮らしたら
ふたりは今も 続いたかしら
心と心の 小さな隙間
広がりすぎた 知らぬ間に
函館山から 見渡せば
漁火ゆれる 海の街

泣いては駄目よと 諭(さと)すよに
優しく雨が まつげを濡らす
あなたの幸せ 願えるような
私になって 戻りたい
函館山から 見渡せば
きらめく夜景 北の街
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...