蒼い夜 歌詞

歌:小林明子

作詞:純花

作曲:小林明子

窓をたたく雨音 変わる季節を告げてる
ほどいた髪を震わす うつろに漏らすため息
失くした恋の痛みを
ごまかす様に 今日を過ごしても
隠せない弱さが こぼれ落ちそうな
蒼い夜が怖いの

ふと漂うあなたの 香りに心が乱れて
聞きわけなくあふれる 記憶に引き戻されるの
まるで何もなかった様
時はいつも流れるけれど
どんなに眩しい朝の光が
この部屋を染めても
あなたの愛より欲しいものなど
何ひとつないの

今ならば もっと上手に
あなたの事を 愛せたでしょう

どんなに眩しい朝の光が
この部屋を染めても
あなたの愛より欲しいものなど
もう何もないの
あなたの愛より…


小林明子の人気歌詞
恋におちて-Fall in Love-

もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに ...