倖せへのきっかけ 歌詞

歌:小林明子

作詞:純花

作曲:小林明子

木漏れ日を散りばめた いつもの都市(まち)
光の帯 くぐり抜ける足早に
イメージが変わってるの
見慣れてた 街並みが眩しく

確かに昨日より少し
想い出が遠くなってる
またいつかなんて言葉に惑わされずに
風の行方を 信じて生きて行きたいの

ありふれた毎日の そのどこかに
必ずある 倖せへのきっかけは
何故 あんなに こだわってたの
それさえも なつかしく思える

※偶然あなたを見かけても
自然に振る舞えるでしょう
ひとまわりあの頃よりも
素敵になれた そんな気がしてる
本気で愛していたぶん きれいになれるの※

I feel strong, I feel strong
Now you are gone, now you are gone
I was wrong, I was wrong about you

確かに昨日より少し
想い出が遠くなってる
またいつかなんて言葉に惑わされずに
風の行方を 信じて生きて行きたいの
信じているのよ…。

(※くり返し)


小林明子の人気歌詞
恋におちて-Fall in Love-

もしも願いが叶うなら 吐息を白いバラに ...