永遠 歌詞

歌:石野田奈津代

作詞:石野田奈津代

作曲:石野田奈津代

次の駅で降りれば もうあなたに会えないね
何年経っても きっと思い出す あなたを

私を呼び止める声がした
振り返るとなつかしい笑顔
夕暮れの電車の中 立ちくらみがした

見覚えのない服 短い髪
でもまぎれもなく あなただった
左手にきれいなリング光ってた

忘れないよ あなたと一緒に過ごした日々を
突然時間が巻き戻されてく
夕焼け雲 染まった茜色の街を背に
こんなにあなたが好きだとわかった 今でも

友達に噂で聞いてたけど
結婚したってホントなんだね
私たち別れなければ どうなってたかな?

二人でよく行ったあの店も
初めて手をつないだあの海も
覚えてる? この電車で行ったこと

友達にはなれない 恋人にも戻れない
それでもあなたは大事な人だよ
世界中にあなたと私だけならよかった
そう泣いた日々も遠くに思える こんなに

あなたの笑顔はまだ少し切ないけど

忘れないよ あなたと一緒に歩いた日々を
出会えてよかった 心から思う
次の駅で降りれば もうあなたに会えないね
何年経っても きっと思い出す あなたを


石野田奈津代の人気歌詞
春空 -ハルソラ-

雪は溶け街は色づく 君と出会ったのは春 ...

ループ

夕暮れの空 立ち並ぶビル 太陽に向かい ...

タイムリミット

時間が私をとりまいている 見えない無数 ...