ナニワシグレ「桂春団治」 歌詞

歌:三門忠司

作詞:渋谷郁男

作曲:村沢良介

酒も呑めなきゃ 女も抱けぬ
そんなど阿呆は 死になされ
この世は呑ン兵衛が 引き受けた
あの世はあんたに まかえたぜ
音尾浮名の エー 春団治

「わいは女が好きや、ほんまに好きやー、
世間の奴らはわいのこと女たらしとか後家殺しとか云うけど阿呆ぬかせ
女もこしらえんと金ばっかりためる奴は一人前の芸人とは云わんわい
うまいもん喰うて飲みたいもん飲んで女が惚れて来たらこっちも惚れたる
これがほんまの芸人や・・・何やて税金払わんよって差押へに来たか
ああ何ぼでも押さへてや
けど云うとくでそこらの品物にぎょうさん紙はっても無駄なこっちゃ
はるんやったらなわいの口に一枚はった方がねうち有るで
わいはなァこの春団治はなァ口が身上や」

人情小咄 お色気ばなし
口も八丁 手も八丁
女房を捨てても 捨て切れぬ
八方破れの 寄席太鼓
いのち捨身の エー 春団治

「どいつもこいつもわいの心のわかる奴は一人も居らへん
女房まであいそつかして出て行きくさった えーわい
春団治のねうちのわからん様な女房なんかいらんわい
わいは高座に命を賭けてるんや
女房が何じゃい子供がどないしちゅんじゃい
わいの女房は落語じゃい」

拗ねてせばめた 浪花の空に
何んで丸ァるい 月が出る
ほろ酔い機嫌の 屋台酒
よろけてひと足 また三足
ホロリ涙の エー 春団治

三門忠司について

昭和55年、30歳を越えた脱サラ歌手 三門忠司としてデビュー。「片恋酒」が25万枚のヒットとなり、大阪に三門ありの存在感を示す。その後「雨の大阪」等のヒットを飛ばし、浪花の演歌師と呼ばれるようになる
三門忠司の人気歌詞
上州しぐれ

上州しぐれに はぐれた鴉 ちょうど似合 ...

雨の大阪

どうせ人生 お芝居よ あんたのことも ...

ひとり涙

生きてここまで これたのは 運がよかっ ...

大阪流転

風の寒さに 背中を丸め 歩く裏町 灯( ...

百年坂

早いものだよ 一緒になって ことし節目 ...

小判鮫の唄

かけた情が いつわりならば なんで濡れ ...

流れて大阪

おれの人生傷だらけ お前も不幸な女だが ...

浪花侠客伝~木津の勘助

晦日(みそか)に茶ガユの ひと掬い せ ...

俺の花

なんとかなるわと いつものお前 本当に ...

裏町川

冷たい世間に 転んで泣いて いのちを温 ...

雨降る波止場

倖せひとつ おまえにやれず うしろ姿を ...

吉良の仁吉

海道名物 数あれど 三河音頭に 打ち太 ...

男の居酒屋

酒は酔うため あるものさ 若いなりして ...

大阪夜曲

北の新地の 片恋い月は 雨を呼んでる ...

俺の出番が来たようだ

肩を寄せ合い 世間の隅で 涙こらえて ...

男の足跡

男は生涯 一つの道に 拘りつづけて 光 ...

夫婦みち

御前に惚れた そのひと言で あたしあん ...

人生一勝二敗

季節はずれの 篠つく雨に 耐えて咲いて ...

大利根無情

利根の利根の川風 よしきりの 声が冷た ...

浪花の夫婦

苦労承知で 一緒になった それが浪花の ...