LOVE LETTER FROM HEART BEAT 歌詞

歌:Base Ball Bear

作詞:小出祐介

作曲:小出祐介

あなたを好きになった Ah 涼風のあの午後に
初めて聞こえたんだ 耳たぶの染まる音

自転車と焼却炉 ふたりだけ
塞がる センチメンタルの壁

あなたが照れ笑った Ah ひんやりの茜時
檸檬が弾けたんだ 長袖空

LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、溢れ出した この気持ち
細微粒子ハート 飛ばして 遠まわしの“love you”Oh!
LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、認めた この気持ち
紙飛行機 B5 折りなして すぐに届けよう 背中にぶつけよう

あなたが泣きじゃくった Ah ろうそくの聖なる夜に
流れく 振り向かずに 光の都市 初雪

転校の朝 連れ去ろうとして
立ち塞がる パパとママの壁

あなたがいなくなって いえ、季節はぐるぐる巡る
段階を登ったら 涙が出た

LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、溢れ出した この気持ち
細微粒子ハート 飛ばして 変わらないよ “love you”Oh!
LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、認めた この気持ち
紙飛行機 B5 折りなして すぐに届けよう あなたに届けよう

致死量の切なさを吸って 吐いた息で窓に書く手紙
葉桜の景色に溶く あの午後の気持ちドクンドクン

カナダより彼方より あなたへ届けたい
紙飛行機、成田より あなたへ飛ばしたい
カナダより彼方より あなたへ届けたい
心よりの恋便り あなたへ飛ばしたい

LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、溢れ出した この気持ち
細微粒子ハート 飛ばして 変わらないよ “love you”Oh!
LOVE LETTER FROM HEART BEAT いま、認めた この気持ち
紙飛行機 B5 折りなして すぐに届けよう あなたに届けよう

LOVE LETTER FROM HEART BEAT


Base Ball Bearについて

2002年に結成。東芝EMIに送ったデモテープがナンバーガールなどのスタッフだった加茂啓太郎の耳に止まる。これにより、東芝EMIのアーティスト発掘プロジェクト「GREAT HUNTING」に発掘されたこととなる。その後、プロデューサー加茂に「バンド名はPLANETではダメだ。」と言われ、小出はショコラの「BASE BALLとエルビスプレスリー」という曲から取り、BASE BALLというバンド名がいいとメンバーに言うが却下され、湯浅にBASE BALLにもう1つ単語をつけてくれと言ったところ「BEAR」という単語が挙がり、「Base Ball Bear」となる。 《メンバー》 ・小出祐介(こいでゆうすけ、1984年12月9日-)  東京都出身。  ギター・ボーカル・作詞作曲担当。  愛称「こいちゃん」「小出ビッチ」。 ・関根史織(せきねしおり、1985年12月8日-)  埼玉県出身。  ベース・コーラス担当。  愛称「史織ちゃん」「セキネ嬢」など。 ・湯浅将平(ゆあさしょうへい、1984年4月16日-)  千葉県出身。ギター・ダンス担当。 ・堀之内大介(ほりのうちだいすけ、1985年1月17日-)  東京都出身。  愛称「堀之肉」「ホリ」等。  ドラム・コーラス担当。
LOVE LETTER FROM HEART BEAT のCD・楽譜
Base Ball Bearの人気歌詞
ポラリス

志ん朝の三枚起請を聴きながら 切れた三弦 ...

17才

17才It's a seventeen ...

ドラマチック

ゆずれないもの見つけても 気付いたら目 ...

そんなに好きじゃなかった

赤い糸 自力でたどって出会った 君は最 ...

Cross Words

やっと会えた週末 近況の報告 それだけで ...

changes

何かが変わる気がした 何も変わらぬ朝に ...

抱きしめたい

春風の中、君は花のようだ 広がる髪もス ...

ファンファーレがきこえる

いつものように目の前に線を引いてみりゃ大 ...

風来

音の鳴る方へ すかさず 手を伸ばし止める ...

いまは僕の目を見て

言葉は穴のあいた 軽い砂袋さ 君まで届 ...

魔王

願うだけじゃ叶わないってこと そんなの知 ...

Stairway Generation

“白黒で終わるより 赤白で閉じたいのよ” ...

short hair

心の天井 のぼってった風船がわれた 赤 ...

不思議な夜

終電逃し 明日休みだし ちょっと散歩して ...

すべては君のせいで

ある日突然 幽霊にされた 僕を置き去り ...

君はノンフィクション

君の鼓動で僕が生きている そう信じてた夏 ...

祭りのあと

都市の真上では、ほとんどが夜 手のひら ...

初恋

寝息たてる住宅街を抜けて 君にすこし会 ...

BREEEEZE GIRL

風に乗りたくて 見上げてる俺を 連れてっ ...

アンビバレントダンサー

辿り着けない日常to日常 朝夜朝夜朝がシ ...