雪簾 歌詞

歌:清水博正

作詞:荒木 とよひさ

作曲:岡 千秋

赤ちょうちんが・・・
雪にちらちら ゆれている
ここは花園 裏通り
ひとりぼっちで 飲む酒は
遠い昔と かくれんぼ
今じゃ帰れぬ 故郷が
胸のすき間で 見え隠れ

夢という奴ぁよ・・・
とうの昔に 捨てたけど
忘れられない 国訛り
こんな姿を おふくろが
生きていたなら 何歳やら
酔えば涙に なるものを
詫びる心に 積る雪

根無し草にもよ・・・
好いて好かれた 女がいた
畳ひと間の あの暮し
酒よ俺にも いいことが
ひとつふたつは あったけど

片を細める 陸橋下
春はいつ来る 雪簾
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...