みだれ髪 歌詞

歌:清水博正

作詞:星野 哲郎

作曲:船村 徹

髪のみだれに 手をやれば
赤い蹴出しが 風に舞う
憎や 恋しや 塩屋の岬
投げて届かぬ 想いの糸が
胸にからんで 涙をしぼる

すてたお方の しあわせを
祈る女の 性かなし
辛さや 重たや わが恋ながら
沖の瀬をゆく 底曳き網の
舟にのせたい この片情け

春は二重に 巻いた帯
三重に巻いても 余る秋
暗や 涯てなや 塩屋の岬
見えぬ心を 照らしておくれ
ひとりぼっちに しないでおくれ
清水博正の人気歌詞
雨恋々

雨の路地裏 灯の影で ひとり泣いてる恋 ...

ギター鴎

夜の裏町 ネオンの海に 今日もただよう ...

人生一番

俺がえらんだ 歌ひとすじの 道は茨の  ...

こんな私でよかったら

つめたい指だと掌でつつみ あなたのやさ ...

芸道一代

いのち一筋 芸一筋で 勝つか負けるか  ...

ありがとうを言えますか

笑顔と一緒に 人はいつか 大事なことば ...

赤城の子守唄

泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が  ...