歌は世につれ 歌詞

歌:NSP

作詞:天野滋

作曲:天野滋

街頭では学生たちが
マイクをもって声を上げる
決まりきったように政治の季節
どこかの店先に流行りのメロディ

歌は世につれ僕はおもう
燃えつきそうな若さにしがみつこうと
いつでも いつでも

情熱を注ぐのは何でもいいし
どれもこれもが1つの青春で
僕もこうしてギターを持って
LOVE SONGを口ずさむ

歌は世につれ人は誰でも
過ぎていった昨日にすがりついてる
いつでも いつでも

死にたい時も何度かあった
自分が嫌になることだって
泣き顔だらけの僕のとなりに
君が笑ってすわっていて欲しい

歌は世につれ僕はおもう
足並をそろえすぎて流れてしまう
いつでも いつでも

NSPについて

1972年、ニュー・サディスティック・ピンク(New Sadistic Pink)結成、当初はロックを中心に活躍。 1973年  第5回ヤマハポピュラーソングコンテストで『あせ』がニッポン放送賞を受賞。  6月、『さよなら』でデビュー。バンド名の“ニュー・サディスティック・ピンク”がフォークソングに似合わないと言う理由で、N.S.Pというバンド名に変更してデビュー。 1980年代  メンバーそれぞれのソロ活動が多くなり、1985年には中村が脱退。  1987年活動停止。 2002年  再結成。 2005年  2月、19年ぶりの新曲『水のせいだったんです』、アルバム「Radio Days」をリリースしたが、7月1日、天野滋が療養中の病院にて脳内出血で死去した。 2008年  6月、中村貴之はソロ活動を開始しミニアルバムをリリースした。 《メンバー》 ・天野 滋(あまの しげる)  1953年5月5日 - 2005年7月1日  ボーカル、ギター担当。  岩手県一関市生まれ  A型 ・中村 貴之(なかむら たかゆき)  1953年6月12日 -  ボーカル、ギター担当。  岩手県宮古市生まれ  O型 ・平賀 和人 (ひらが かずと)  1954年1月6日 -  ボーカル、ベース担当。  岩手県花巻市生まれ  A型
歌は世につれ のCD・楽譜
ポプコン・マイ・リコメンド NSP
【収録曲】・さようなら・新青春・ゆうやけ・北北東の風・海に寄せて・漁り火・さくら草~雪どけ水はつめたくて・弥生つめたい風・夕暮れ時はさびしそう・ぼくのそばで・君は地下鉄日比谷線・風の旋律・遠野物語・Rain・蒼き空は永遠に・八月の空へ翔べ・My Song・歌は世につれ

NSPの人気歌詞
夕暮れ時は淋しそう

田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチ ...

雨は似合わない

頭の中をぐるぐると いろんなことがかけま ...

さようなら

やけに真白な 雪がふわふわ 真っ裸の木 ...

面影橋

君には君を愛する人がいつもそばにいるのに ...

八十八夜

ひきだしの中からあの人の写真 みんな棄 ...

あせ

全く人気のない道に しらけた太陽が照って ...

線香花火

はじっこつまむと 線香花火 ペタンと  ...

昨日からの逃げ道

思い出が 思い出でしかないことは 分か ...

遠野物語

朝霧に包まれ 静かに眠る山々は 雪溶け ...

ゆうやけ

やんちゃぼうずが走ってく このかいわい ...

いい

天雲の下がいい うるさい所がいい 雨が ...

青い涙の味がする

すすきが揺れる 遠いふるさとの町に 忘 ...

赤い糸の伝説

人は生まれながら 赤い糸で結ばれている ...

仲直り

日だまりの中で君はお日さまの腕の中 昨 ...

五月雨

二つも年をごまかして 僕に抱かれ 行き ...

かげふみ

冬のかげは昼間でも 大きいからすぐつか ...

白い椅子の陰

ガラス窓の向こうには ラッシュアワーで ...

春はもうすぐ

夏は暑かったなって思ってるまに たいく ...

Radio days

遠くの電波探りあて 真夜中に聴いていた ...