遠野物語 歌詞

歌:NSP

作詞:天野滋

作曲:天野滋

朝霧に包まれ 静かに眠る山々は
雪溶けを待ちわびて息をひそめる
美しい白馬が空を走り抜けるように
喜びも苦しみも通り過ぎゆく

私のすべてを
すべてを見て欲しい

忘れないで 幾度生まれ変わろうと
離さないで 強く抱きしめて
忘れないで 命かけた愛の日を
離さないで 永遠の約束を
忘れないで きっと

愛せば愛すだけ 誇りも自信もなくなる
不安が体じゅうをふるえさせるの

私のすべてを
すべてを見て欲しい

忘れないで 髪を切ったあの夜を
離さないで この手ちぎれても
忘れないで 炎燃やす激しさを
離さないで 永遠のやすらぎを
忘れないで きっと

忘れないで 幾度生まれ変わろうと
離さないで 強く抱きしめて
忘れないで 命かけた愛の日を
離さないで 永遠の約束を
忘れないで きっと
NSPの人気歌詞
夕暮れ時は淋しそう

田舎の堤防 夕暮れ時に ぼんやりベンチ ...

あせ

全く人気のない道に しらけた太陽が照って ...

さようなら

やけに真白な 雪がふわふわ 真っ裸の木 ...

雨は似合わない

頭の中をぐるぐると いろんなことがかけま ...

八十八夜

ひきだしの中からあの人の写真 みんな棄 ...

いい

天雲の下がいい うるさい所がいい 雨が ...

ゆうやけ

やんちゃぼうずが走ってく このかいわい ...