Tea for Two 歌詞

歌:東方神起

作詞:H.U.B.

作曲:Ichiro Fujiya

風に揺れる午後の光 テーブルに乗せたTea for Two
僕はソファに横になって 君を見つめている

何だか歌ってるみたいに 繰り返し読んでいるレシピ
どんなものが出来上がるの? レモンとバニラの香り
君が作ってくれるなら それだけでホント嬉しくて
ずーっと続くように

大切で 大切で 世界で一番に大切な人
いつまでも いつまでも 僕のそばで笑って見つめさせて

手伝うフリして、嘘だよ kissしたくなっただけさ
後ろから抱きしめたまま 作るのってどうかな?

明日で世界が終わるなら 明日もこうして笑いたい
きっとレシピを読んでる君 僕はkissしてる君に
そして「好きだよ」って言うから うなづいてくれればいいから
今日と同じように

君だけが 君だけが 僕を強くも臆病にもするよ
愛しても 愛しても 愛し足りない気がして怖い
守りたいからせつなくて

大切で 大切で 世界で一番に大切な人
何よりも 何よりも 君に出会えたことが幸せ
ただふたりでいるだけで ただそれだけで甘い時間(とき)を…

Tea for Twoについて

「Tea for Two」は、東方神起が2009年7月1日にリリースした28枚目のシングル「Stand by U」のカップリングです。ytv系「情報ライブ ミヤネ屋」のエンディングテーマに起用されています。

東方神起について

 韓国の5人組の歌手グループである。SMエンターテインメント所属。コーラス、アカペラ、ダンスをこなす。 2004年1月  韓国でCDデビューすると、たちまちトップアイドルグループの仲間入りをし、その後、マレーシア、タイ、台湾などでも人気を獲得、韓流ブームの一翼を担うまでに成長した。最近ではドラマやバラエティなどでも活躍している。ジュンス以外のメンバーは全員、SMエンターテインメント主催の各種オーディションで入賞している。2006年に韓国のゴールデンディスク大賞を受賞した。 2005年4月  日本で「Stay With Me Tonight」を発表しデビューを果たす。現在日本を中心にアジア各国へ進出中。V6とイベントのライブで共演もしている。 2008年12月31日  NHK紅白歌合戦に初出場する。
Tea for Two のCD・楽譜
TVXQ NONSTOP-MIX VOL.2 (仮)
【収録曲】・Intro・FORCE・呪文 -MIROTIC-・Secret GameTake Your HandsSurvivor・Kiss The Bady Sky・Nobody Knows9095忘れないで・COLORS ~Melody and Harmony~・Stand Up!・Shelter・TAXIBoleroどうして君を好きになってしまったんだろう?Beautiful youTea for TwoBox in the shipウィーアー!Share The World・BREAK OUT !

東方神起の人気歌詞
どうして君を好きになってしまったんだろう?

どうして・・・君を好きになってしまったん ...

Stand by U

君が「サヨナラ」も告げずに出て行ったあの ...

Share The World

あの大空に届くまで I believe ...

Love in the Ice

冷たいその手 君のせいじゃない 幼き日 ...

明日は来るから

ほら 舞い降りた雪がこの手に溶けては ...

呪文-MIROTIC-

始まりはそうさ こういつも平凡さ 僕は ...

運命(The Chance Of Love)

woo woo ay ay 駆け引 ...

サクラミチ

未来(さき)はどこへ 続くのだろう 君 ...

Lovin' you

あの駅に着いたなら君は もう僕の彼女じゃ ...

Rising Sun-Japanese ver.-

Now I cry under my s ...

STILL

あどけない笑顔を浮かべた 写真の中のふた ...

シアワセ色の花

いつから降ってたんだろう? もうずっと ...

Duet

ふたりで交わす言葉 それが歌になるのなら ...

時ヲ止メテ

急ぐように 夏の星座たちが ビルの谷間 ...

TAXI

絡めた指を解く度 その温もりを握り返し ...

Purple Line

触れることさえできないって 疑心暗鬼(ぎ ...

目隠し

ねえ そんな事 言ってたっけ?って君 ...

Bolero

闇に浮かぶ月のステージに 踊る君の夢見た ...

忘れないで

ベッドに座って 君のことを考えていた ...

Somebody To Love

It's time for love S ...