さきっぽ 歌詞

歌:鼠先輩

作詞:松嶋重

作曲:榊原秀樹

わびさびの見える暮らしに
憧れていた頃 ありましたけれど
どれくらい流れたでしょう
そんなことすら今は気にもしないけれど

旅立ちの時に気が付いたことは
もう 手遅れだと

だって喜怒哀楽なら想い出とともに故郷に捨ててきた私の心
ぴくりともしない…さきっぽ

カブトムシ食べた夏の日
頑なに怯えた友に首傾げた
アリの巣に運ぶ飴玉
取り上げて舐めてた 日々を蔑まずに

笑わず怒らず喜び忘れた
ほら 手遅れでしょ?

だって喜怒哀楽ならあの人とともに故郷に捨ててきた私の心
ぴくりともしない…さきっぽ

喜怒哀楽ならあの人とともに故郷に捨てて
喜怒哀楽ならお袋とともに故郷に捨てて
喜怒哀楽なら生ゴミとともに故郷に捨てて
喜怒哀楽ならザリガニとともに故郷に捨ててきた私の昨日
ぴくりともしない…さきっぽ
ぴくりともしない…さきっぽ

鼠先輩について

岡山県赤磐市(旧赤磐郡山陽町)出身のムード歌謡歌手、タレントである。出生地は大阪府堺市。赤磐市立高陽中学校卒業、岡山県立備作高等学校(現・岡山県立和気閑谷高等学校)中退。既婚者で子供もいる。芸映所属、血液型はA型、星座は牡羊座。
さきっぽ のCD・楽譜
鼠先輩の人気歌詞
六本木~GIROPPON~

あなたにもらったきび団子 ホームでカラ ...

おいた

先週遊んじゃったお姉ちゃんスゲェいい女 ...

おかね

(台詞) パンチかけられ馬鹿にされ、色 ...

いねぇじゃんガール!

夏の出逢いを求めてBeach Avenu ...

キャベツのヘリコプター

若気の至り 御徒町の路地裏 殴られた ...

夜の紙芝居

六本木をすっぽんぽんで走る先輩を稀に見る ...