流転 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:藤田 まさと

作曲:阿部 武雄

男命をみすじの糸に
かけて三七二十一目くずれ
浮世がるたの
浮世がるたの 浮沈み

どうせ一度はあの世とやらへ
落ちて流れて行く身じゃないか
鳴くな夜明けの
鳴くな夜明けの 渡り鳥

意地は男よ情は女子
ままになるなら男を捨てて
俺も生きたや
俺も生きたや 恋のため
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...