夜霧のブルース 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:嶋田 磬也

作曲:大久保 徳二郎

青い夜霧に 灯影が紅い
どうせ俺らは ひとりもの
夢の四馬路か 虹口の街か
ああ 波の音にも 血が騒ぐ

可愛あの娘が 夜霧の中へ
投げた涙の リラの花
何にも言わぬが 笑って見せる
ああ これが男と いうものさ

花のホールで 踊っちゃいても
春を持たない エトランゼ
男同志の 合々傘で
ああ あらし呼ぶよな
夜が更ける
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...