名月赤城山 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:矢島 寵児

作曲:菊地 博

男心に 男が惚れて
意気が融け合う 赤城山
澄んだ夜空の まんまる月に
浮世横笛 誰が吹く

意地の筋金 度胸のよさも
いつか落目の 三度笠
云われまいぞえ やくざの果てと
悟る草鞋に 散る落葉

渡る雁がね 乱れて啼いて
明日は何処の 塒やら
心しみじみ 吹く横笛に
またも騒ぐか 夜半の風
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...