上海の街角で 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:佐藤 惣之助

作曲:山田 栄一

リラの花散る キャバレーで逢うて
今宵別れる 街の角
紅の月さえ 瞼ににじむ
夢の四馬路が 懐しや

(台詞) おいもう泣くなよ。あれを御覧・・・ほん
のりと紅の月が出ているじゃないか、何もかも
あの晩の通りだ。去年はじめて君に逢ったのも
丁度リラの花咲く頃、今年別れるのも又リラの
花散る晩だ。そして場所はやっぱりこの四馬路
だったな。 あれから一年激しい戦火は浴びた
が、 今日は日本軍の手でたのしい平和がやって
来た。 ホラ おきき、 昔ながらの支那音楽も
聞えるじゃないか。

泣いて歩いちゃ 人目について
男船乗りゃ 気がひける
せめて昨日の 純情のままで
涙かくして 別れよか

(台詞) 君は故郷へ帰ってたった一人のお母さ
んと大事にくらし給え・・・ぼくも明日からヤクザな
上海往来をやめてあたらしい北支の天地へゆ
く、 そこには僕の仕事が待っていてくれるんだ
ネ、 それがお互いの幸福だ・・・さあ、 少しばか
りだがこれを船賃の足しにして、 日本へ帰って
くれ、 ・・・やがて十時だ、 船も出るからせめてバ
ンドまで送ってゆこう。

君を愛していりゃこそ僕は
出世しなけりゃ 恥かしい
すてる気じゃない 別れてしばし
故郷で待てよと 云うことさ
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...