雨の酒場で 歌詞

歌:鶴田浩二

作詞:清水 みのる

作曲:平川 浪竜

並木の雨の ささやきを
酒場の窓に 聴きながら
涙まじりで あおる酒
おい もう止せよ 飲んだとて
悩みが消える わけじゃなし
酔うほど淋しく なるんだぜ

一輪挿しの 白薔薇を
ちぎって何処に また棄てる
花に恨みが あるじゃなし
おい もう泣くな いつまでも
いのちの恋の 切なさは
泣いても泣いても きりがない

グラスの底を 傾けて
飲み乾す君の 悲しみを
知っていりゃこそ とめるのさ
おい もう帰ろう 夜も更けた
小雨の道が 遠いなら
せめても送ろう そこらまで
鶴田浩二の人気歌詞
傷だらけの人生

「古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ ...

赤と黒のブルース

夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか ...

街のサンドイッチマン

ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑 ...

ハワイの夜

ハー ハワイ みどりの夜 月も宵から ...

さすらいの舟唄

流れ水藻のさみしく咲いた 月の入江のと ...