二十才のワルツ 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:吉田 拓郎

作曲:吉田 拓郎

夏はこれ以上 待ってはくれない
君の返事を きかせておくれ
いつも話したね 秋風の頃には
この街捨てて 旅に出るんだと
友と別れても 歩くつもりだよ
帰る日あてどなく ただ君恋し

たかが女というなよ おまえ
すべてを捨てても 愛はついにふり切れず

君の言葉を ひとつだけください
“元気でね”“待ってるわ”
そして“サヨナラ” でもいいから

絶望などと 借りものはせず
ただ夢を 見続けたあげくの事さ
できることなら 疲れた時にでも
君をそばにして 少しでも眠りたい
長く居すぎた この街だけど
恋が時間を 止めてもくれたよ

男と女は どこかで違う
たとえば男は あくまで夢に酔う

君の言葉を ひとつだけください
“またいつか”“好きでした”
そして“サヨナラ”でもいいから

旅にはしるべ無き 自由さもあるけど
ある時は くち果てて野に倒れる事もある
未練がましいと言うなよおまえ
あの人を愛し なお何かに胸こがす
街を出たなら 一人になるけれど
最後の願いこそ あの人のすべてさ

想い出は消える程に確かな 姿を
闇のかなたへ つつみこんでしまう

君の言葉を ひとつだけください
“楽しかった”“許せない”
そして“サヨナラ”でもいいから

言葉じゃいえない ただ胸さわぎ
とにかく この街と 別れるつもりだ
旅立つ男には 甘くホロ苦い
女との話が つきものでもいいだろう
夏は雲に乗り 秋に逢えるけど
この俺一人 誰に逢うあてもなし

これで終わりさ そして何かが始まる
門出の男に 君はまだ口とざすのか

※誰か言葉を ひとつだけください
“行ってこいよ”“忘れちまえよ”
そして“さよなら”でもいいから※

(※くり返し)
吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...