駅 歌詞

歌:布施明

作詞:竹内 まりや

作曲:竹内 まりや

見覚えのある レインコート
黄昏の駅で 胸が震えた
はやい足どり まぎれもなく
昔愛してた あの人なのね
懐かしさの一歩手前で
こみあげる 苦い思い出に
言葉がとても見つからないわ
あなたがいなくても こうして
元気で暮らしていることを
さり気なく 告げたかったのに……

二年の時が 変えたものは
彼のまなざしと 私のこの髪
それぞれに待つ人のもとへ
戻ってゆくのね 気づきもせずに
ひとつ隣の車輌に乗り
うつむく横顔 見ていたら
思わず涙 あふれてきそう
今になって あなたの気持ち
初めてわかるの 痛いほど
私だけ 愛してたことも

ラッシュの人波にのまれて
消えてゆく 後ろ姿が
やけに哀しく 心に残る
改札口を出る頃には
雨もやみかけた この街に
ありふれた夜がやって来る
布施明の人気歌詞
君は薔薇より美しい

息をきらし胸をおさえて 久しぶりねと君 ...

マイ・ウェイ

今 船出が近づく この時に ふとたたず ...

積木の部屋

いつの間にか君と暮しはじめていた 西日 ...

恋というものは 不思議なものなんだ ...

これが青春だ

大きな空に 梯子(はしご)をかけて ...

落葉が雪に

人恋しさのあまり 書き始めた日記に ...

そっとおやすみ

化粧の後の かがみの前で いつも貴方の ...

シクラメンのかほり

真綿色した シクラメンほど 清しいもの ...

霧の摩周湖

霧にだかれて しずかに眠る 星も見えな ...

陽ざしの中で

坂道を下って 走り寄る君がいた 明け ...

カルチェラタンの雪

悪かった もう泣かせたりしない だから ...

たまらなくテイスティー

まるであなたは 二度目のヴィーナス 今 ...

貴様と俺

空に燃えてる でっかい太陽 腕にかかえ ...

いっそセレナーデ

※あまい口づけ 遠い想い出 夢のあい ...

少年よ

まるで透明になったみたい ぜんぶ 自分 ...

愛よその日まで

もしも今から百年が過ぎ ぼくらによく似 ...