制服 歌詞

歌:吉田拓郎

作詞:岡本 おさみ

作曲:よしだ たくろう

ラッシュ・アワーが 疲れを吐き出してる
人の多さまでが ものめずらしげに見えて
東京駅地下道の人ごみの中 Ah
ひと群れの制服の娘たちがいる

真新しいスーツ・ケースを提げて
集団就職で今着いたらしい
妙に腰の低い男が先頭にたって Ah
何とか会社の旗など振りまわしている

家を出る前の晩は 赤飯など食べて
家族揃って泣き笑いしたのかい
里心だけは まだ田舎の家に置き
それでも家を出てくる魅力に負けて

どうですか東京って奴に会ってみて
とうですか東京って奴の御挨拶の仕方は
みんな押し黙ったままの この人ごみは
そう これが都会って奴の御挨拶の仕方なんだよ

初めから都会に出ていかなければ
いつまでも都会でなくてすんだのに
きれいに暮らしてゆけるところは Ah
どこか他のところのような気もするよ

今はまだ驚いていることだけですむけれど
もうすぐ判るさ 驚かなくてすむさ
駆け引きのうまい男ばかり出世して
きれいな腹の男はもう拗ねてしまってる

これからきみは日曜日だけを待つんだね
悲しみの唄がなぜ街に流れるかも判ってきて
使うのに容易く 稼ぐのに辛い Ah
そんな給料の苦さも知ってしまうんだろうね

今度きみが故郷に帰ってゆくまでには
親に語れない秘密のひとつやふたつは
できてしまって嘘もついてしまうんだね Ah
騙された男のことはきっと話さないだろうね

ぼくはこれから大阪へ行くところ
いちばんきれいだった女の子の顔など思いだし
制服が人ごみの中に消えてゆくのを
振りかえりながら ぼくは見送っている
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
Try Boy,Try Girl

歌:前田亘輝

たまらないね どいつもこいつも 見栄と ...

吉田拓郎の人気歌詞
夏休み

麦わら帽子は もう消えた たんぼの蛙は ...

人間なんて

人間なんてラララ ラララララ 人間なん ...

海を泳ぐ男

あんまり夜が滲みるから 闇にまぎれてハ ...

外は白い雪の夜

大事な話が君にあるんだ 本など読まずに ...

結婚しようよ

僕の髪が肩までのびて 君と同じになった ...

イメージの詩

これこそはと 信じれるものが この世に ...

ガンバラないけどいいでしょう

今日はいったい何が どうしちゃったんだろ ...

全部だきしめて

きみのすべてをぼくの自由にしたくて ず ...

旅の宿

浴衣のきみは尾花の簪 熱燗徳利の首つま ...

流星

たとえば僕が まちがっていても 正直だ ...

人生を語らず

朝日が 昇るから 起きるんじゃなくて ...

リンゴ

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る ぼ ...

ペニーレーンでバーボン

時がたってしまうことを 忘れてしまいた ...

風の街

道のむこうで 手を振った 大きな声で  ...

こうき心

街を出てみよう 今住んでるこの街が 美 ...

お伽草子

雨もふりあきて 風もやんだようだね つ ...

襟裳岬

北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし ...

高円寺

君を好きだなんて言ったりすると 笑われ ...

春だったね

僕を忘れた頃に 君を忘れられない そ ...

今度はいったい何回目の引越しになるんだろう

熱すぎる季節が 魚藍坂をかけ抜けた ジ ...