無残に取り残された 亡骸に
手向けられる 花の色

鮮やかに今この瞬間
奏ている 儚さが
切なくも美しいと
教える

ちぎれた腕が 示した先には
途切れた声が 響いた先には
魂 昇る 想いと共に
安らぐ場所がある

透明な 時計の向こうで 待っている
あの日のまま 笑顔で

止まらない 尖る秒針
貫き続ける その身体を
バラバラに 引き裂かれても
消えない

動かぬ足が 導く先には
開かぬ瞳が 見つめる先には
眩い光 祈りと共に
輝く場所がある

ちぎれた腕が 示した先には
途切れた声が 響いた先には
聞こえぬ耳を 澄ました先には
冷たい胸が 震える先には
魂 昇る 想いと共に
安らぐ場所がある