愁色 歌詞

歌:奥井雅美

作詞:奥井雅美

作曲:崎谷健次郎

夏の終わりの風 私をふいに包んだ
消せない炎燃え尽きる 予感纏ったそんな香り

心が波立って 流した涙さえ涸れる頃

遠ざかる声 笑顔の思い出と薄れてゆくキミの顔が
記憶の中で光に変わる 少し寂し気に

秋の色になった 街路樹今も変わらない
いつしか時が経ったなら この樹も枯れてしまうのかな

廻ってる輪の中 出逢うのは幻のヒトヒラ

舞い散る種を抱き寄せて願うよ 薄れてゆくキミの顔が
いつか命と昇華する時 芽を出せるように

忘れたいと願った 痛みも愛だと信じていた…

微かに残る最後の思い出と薄れてゆくキミの顔が
記憶の中で光りに変わる 少し寂しいな
奥井雅美の人気歌詞
残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のように 少年よ 神話に ...

FISSION

現実を生きる 連鎖する激情 もう一人の私 ...

Flower

僕らが歩く道 日常という名の喜び試練を ...

MASK

-Mystery- 魔性を映す プラチナ ...

kiss in the dark

遥か遠くに浮かんでる 誰も触れられない閉 ...

魂のルフラン

私に還(かえ)りなさい 記憶をたどり ...

いいわけ

あの日この場所で 出遭った瞬間 そっと ...

輪舞-revolution

潔く カッコ良く 生きて行こう… ...

more than words~in my heart~

I used to like That ...

But But But

ねぇ 今まで君の居た場所は どんなふうに ...

Good-bye crisis

Good-bye crisis感じるんだ ...

ソラノウタ

あの日聴いた"心"の声 世迷い言なんて ...

ミラクルGO!GO!

とおせん坊された!また突然に 他人の人 ...