pinky doll 歌詞

歌:木村由姫

作詞:麻倉真琴

作曲:浅倉大介

気だるい町を スピード上げて
切り裂くライトで 横顔を作る

手軽にリアルに
生まれすぎた夢

行く先も知らず
ハイウェイを流れてく

ガラスに踊る マネキンのように
服を変えながら 夜を数えてる

壊れた時計に 尋ね続けてる
いつから「将来」で
いつが「現在」になる

I'm a pinky doll
みつめてる 夜の行方を

I'm a pinky doll
微笑みは 闇に溶かして
光も色も切なく to fade

to flow
to free for me...

音もたてずに 星が流れる
欠けてゆく月も
ネオンが演じて

幸せも愛も 悲しみの影も
代わりの誰かが
答えを並べ変える

I'm a pinky doll
探してる 痛みのわけを

I'm a pinky doll
ため息は 跡形もなく

夜明けの風に消えてく
to fade

to flow
to free for me...

to fade

to flow to free
木村由姫の人気歌詞
LOVE&JOY

LOVE & JOY 変えてゆく 明日 ...

Summer Rain

あふれる想い 夏の雨の様に… 予想 ...

Twinkle Heart

弾んだ息を白くして 季節にもときめきたい ...

color leaves

ガラス越しには優しい秋の陽 違う街みたい ...