また逢えそうなブルース 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:水木れいじ

作曲:中村典正

いやだ… やだ… やだ もう恋なんか
いつも 泣くのは 女だけ
船が出たなら それきりなのに
なんで優しく 抱きよせる
セピア色した 釧路の雨に
誰が歌うか また逢えそうなブルースよ

いやだ… やだ… やだ 面影グラス
酔えば 逢いたく なるばかり
灯(あかり)淋しい 幣舞橋(ぬさまいばし)を
どこか空似の 男(ひと)がゆく
セピア色した 釧路の夜は
みれんばかりの また逢えそうなブルースよ

いやだ… やだ… やだ ミモザの花も
散って波止場は 冬化粧
待てど暮らせど 帰っちゃ来ない
おとぎ話の 夢ひとつ
セピア色した 釧路の海に
捨てる涙の また逢えそうなブルースよ
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...