おつう 歌詞

歌:島津亜矢

作詞:さとの深花

作曲:村沢良介

「日本に古くから伝わる民話
美しくも哀しい鶴の物語です。」

うれしくて うれしくて
雪にさまよう この命
助けてくれた 恩返し
羽根を千本 引き抜いて
織り上げましょう 千羽織り
あなた…あなた…
つうはあなたの 女房になりました

「あの雪の降る寒い夜…あなたは私の胸に
食い込んだ矢を抜いて、命を助けてくれました。
その恩返しにあなたの所にお嫁に来たのです。
そしてあなたに喜んで貰おうと思って、心を
込めて一生懸命に布を織りました。
貧乏でも構いません…。私はあなたの側に
いたいのです。だからお願いです…。
私から離れないで…
どこへも行かないで下さい…。」

せつなくて せつなくて
力 尽きても 死のうとも
心をこめて 織りました
違う世界の 人の様に
冷たくなって いかないで
あなた…あなた…
つうはあなたの お側で暮らしたい

「あれほど覗かないでと言ったのに、
あなたは覗きましたね…なぜ見たのです!
私は以前、傷ついた所を助けていただいた鶴
です…。その恩に報いるために、命を、命をか
けて、心を込めて布を織りました…。
でも私の本当の姿を見られては、もうここに
住むことは出来ないのです。
許して下さい…私は鶴に戻ります!」

夢でした 夢でした
どうぞ機屋を 覗かずに
その約束は 雪に散る
祈り願いも 叶わずに
茜に染まる 空の果て
あなた…あなた…
つうは涙で 昔にもどります

「さようならあなた…私は飛び立ちます!さようなら…」
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
だんな様

歌:三船和子

つらい時ほど 心のなかで 苦労みせずに ...

星影のワルツ

歌:千昌夫

別れることは つらいけど 仕方がないん ...

女の港

歌:大月みやこ

口紅が 濃すぎたかしら 着物にすれば ...

今夜は乾杯

歌:川中美幸・弦哲也

(女)おぼえていますか この写真 (男 ...

麦畑

歌:オヨネーズ

(男)おらと一緒に暮らすのはおよね おめ ...

男の子守唄

歌:冠二郎

酒で心の 苦しさが 消せるものなら 悩 ...

お島千太郎

歌:美空ひばり

花はさいても 他国の春は どこか淋しい ...

赤とんぼ

歌:童謡・唱歌

夕やけ小やけの 赤とんぼ 負われて見た ...

さざんかの宿

歌:大川栄策

くもりガラスを 手で拭いて あなた明日 ...

玄海情話~無法松の一生より~

歌:岡千秋島津悦子

月も片割れ 玄海灘の 潮の辛さが 瞼に ...

島津亜矢の人気歌詞
梅川

(セリフ)逢うこと叶わぬひとに 逢いた ...

出世坂

千里を走る 虎よりも 一里を登る 牛に ...

一本刀土俵入り

男度胸の 人生を 土俵ひとすじ 生きて ...

おもいで宝箱

あの日の空を 覚えてる 見果てぬ夢の ...

北海峡

愛の渦潮 逆巻(さかま)く未練 海峡渡 ...

おさん

ひとり寝は… そっと茂兵衛に逢いたくて ...

いのちのバトン

何もかも 欲しがって生きるより つつが ...

温故知新

ながい道程(みちのり) 歯をくいしばり ...

お初

命追われて 力も尽きて 闇路に光る ふ ...

寿三杯船

一番船には 親が乗り 三番船には 孫が ...

兄弟仁義

親の血をひく 兄弟よりも かたいちぎり ...

父娘坂

山に山風 野原に野風 親の心に 別れ風 ...

帰らんちゃよか

そらぁときどきゃ 俺たちも 淋しか夜ば ...

お徳

「お徳、お前がいのちだ」と言って下さった ...

お梶 ~「藤十郎の恋」~

噛んだ 唇 したたり落ちる 血で書く名 ...

逢いたくていま

あなたを 想っている ずっと この心は ...

八重~会津の花一輪~

明日の夜は 何国(いずこ)の誰か ながむ ...

想い出よありがとう

想い出よ ありがとう やっと今 そう云 ...

一本釣り

日暮れ港に 花火があがり 祭ばやしが ...